今夜は十三夜やや欠け月
自家製のお米の粉を貰ってあったので
おだんごを作ってお月様にお供えしましたわーい(嬉しい顔)
自家製の粉を使うと、甘みのあるおいしいお団子が出来ます。
それこそ、月見団子なんて自分で作る人、今はほんとに少ないでしょうね。
はやらないかもしれないけど、おだんごの作り方もUPしようと思います。
簡単だし、日本の文化だしね・・・手(チョキ)
さて、後で食べることを考えて小さめに作ったおだんごを
母のするようにまねをして、秋の実りの果物を添えて
家の中のお月様によく見える場所へ。

十三夜

すすきは団地の植え込みにまぎれて風に吹かれていたものを
ちょこっと失敬してきましたが、写真には写らなかったですねふらふら
お手製の壺に入ってちょこっと見えているのがすすきですあせあせ(飛び散る汗)
実家ではいつも縁側に小さなテーブルを出して
庭で取れた柿や栗といっしょにお供えをしていました。
お月様が入ってこられるようにと、縁側のガラス戸を
ちょっとだけあけて小さな電気ひらめきをつけておくことも忘れずに。
こんなとき、縁側ってすごく便利だなって思います。
実家の縁側はもう改装してしまったので、昔の面影はありませんが
いくつになっても懐かしいmamの想い出の詰まった空間です揺れるハート
mamのうちには縁側はないけれど、実りの秋を感謝する小さなお供えができて
気持ちがほっこり暖まりましたわーい(嬉しい顔)