ぞうさんリュックの作り方 その3 (裁断)からのつづきです。

耳を縫います。 まず、耳の布1セットを用意。マジックで印をつけた面が見えるように並べます。

マジックで印をつけた面は出来上がったときに内側になるって思って下さい。 生地をなか表にし、赤の●どうし、青の★どうしを待ち針で留めます。 ※ マジックで印をつけた面は「裏」。

なにも書いていない面が「表」です。 二枚の布の「表」どうしを合わせることを 「なか表にする」と言います。 中側が表になるように合わせると言う意味です。 これは、裁縫でよく使う言葉なので覚えておくと便利です。 耳の出来上がり線のとがっている部分に待ち針を刺して二枚の布を留めます。

なるべく縫いしろの端から、曲線部を ぐし縫いします。 フツウに針を裏・表・裏・表って出しながら縫えばいいです。

私は見やすいように青い仕付け糸2本取りで縫っていますがみなさんは、目立たない太い糸1本取りで縫ってくださいね。 縫い目を埋めるようにもう一度ぐし縫い。

こうすると、ミシンと同じ縫い方になって、ほつれにくくなります。 縫えたら 接着芯を置いて、アイロンで貼り付けます。

接着芯には、片側にアイロンの熱で張り付くのりが付いています。のり の付いている方が下になるように置いて低~中温に暖めたアイロンで上から押さえるようにします。

※間違ってのりの面をアイロンに付けちゃうと、アイロンが使えなくなることもあるくらい ひどい目にあうので気をつけて!!
※アイロンは滑らせないように。 高温、スチームでは接着芯がダメになることがあるので禁止です! 出来上がりの耳の丸みがきれいに出るように、曲線部の縫いしろに切り込みを入れます。

間隔は 1cmおきくらい。 ※出来上がり線ぎりぎりまで切込みを入れるとほつれちゃうので厳禁 出来上がり線から2~3mmくらいは切らずに残すようにね! これで、ひっくり返すとほ~らねexclamationころんとかわいい耳になります。

もう一つも同じように作ってみて下さい。 今日はここまで。 次回は、象牙の縫い方です。

ぞうさんリュックの作り方 その5(牙を縫う)はこちらから