食べ物の味がわからない子が増えています。

東京医科歯科大学の植野正之准教授の研究グループが おととし行った研究結果がNHKニュースで取り上げられました。

埼玉県内の小学1年生から中学3年生までの349人を対象に「甘み」や「苦み」など基本となる4つの味覚を認識できるかどうか調査を行ったところ、「酸味」「塩味」「甘味」「苦み」いずれかの味覚を認識できなかった子どもは107人と全体の31%を占めたそうです。

3人に一人が味覚音痴。

味覚を認識できなかった子どもはジュースを毎日飲んでいたり、野菜の摂取が少なかったりしたほか、ファストフードなどの加工食品を好む傾向も見られたということです。

本当に危険です。

子どもが欲しがるからと、お菓子やジュースをすぐに買ってあげるおばあちゃんやおじいちゃん、働いていて忙しいお父さんやお母さん

今、子どもたちが溢れる美味しい食べ物のために危険にさらされています。

大人たちが「元気にすくすく育つための食べ方」の知識を持たないと、あなたの大切なお子さんやお孫さんの病気のリスクは、ぐ~んと上がるということを知って欲しいです。