お正月のおせち料理は、重箱に詰めるっていいますよね。
それぞれ段ごとに詰めるものも決まってるとか・・・
そういう、詳しいことは知らないんです。
でも、重箱って、なんか器として大好きなmamです揺れるハート
それで、いつも通称の「お重」と呼んで、愛用しています。
ピクニックのお弁当にも、お客様がいらしたときにも使うんです。
普段使いのはプラスチック製のもの。

重箱

なんちゃってかまくら彫りが、お気に入り。
もう一つ、特別なお重はこれ。

重箱

母の実家のお蔵を壊すときに、捨てられそうになってたものを貰ってきました。
いつの時代のものか分かりません。
使うたびに漆がはげてしまうのですが、すごくたくさん入るし、
料理が映えるし、丈夫で軽いし・・・
ほんとにすばらしい器揺れるハートなので、大事に大事に使っています。

昔のものって、ほんとに立派なものが多いですよ。
おばあちゃんちに行ったら、いろいろ発掘してみてはいかが?
今年のお正月は、義母までが、お重の好きなmamのために、
上品な螺鈿(貝がら細工)の入った、ステキなお重を準備して
待っていてくれました。
(写真を撮ってくるのを忘れちゃったのですが・・・)
どうもありがとうわーい(嬉しい顔)