それでは、マフラーの作り方に入ります。
その前に、編む道具を作らなくちゃわーい(嬉しい顔)
この道具こそ、「究極の手編みマフラー」の名にふさわしい
ほんとに素晴らしい道具ぴかぴか(新しい)です。
ささっと作れるので、是非トライしてみてね手(チョキ)

<材料>
Big缶・・・直径15cm×高さ17cmくらいの缶
割り箸・・・・8膳 (丸くて先がとがっているもの)
輪ゴム・・・・2本
ガムテープ
セロハンテープ
カンカン編み1.jpg
カンカン編み6.jpg
※Big缶は、業務用のホールトマトなどのものがベストですが、
大きいコーヒー缶、おつまみのナッツ缶、などでもいいです。
直径が13cmくらいあれば大丈夫です。
※Big缶が手に入らなかったら、代わりに
47cm(+のりしろ2cm)×17cmの厚紙で、
直径15cmくらいの筒を作って使ってください。
<作り方>
①Big缶の上下を缶切りで切り取って筒型にし、
缶の切り口にセロハンテープを貼って、怪我予防をする。
②缶に輪ゴムを2本ずらしてはめる。
③割り箸を割り、8膳分の箸のうち15本を輪ゴムにはさみながら
缶の周囲に均等に並べる。
割り箸の位置は、持ち手の方を缶の底にあわせるとよい。
カンカン編み2.jpg
カンカン編み3.jpg
④輪ゴムをよけて、缶の上下をぐるりと1周ずつガムテープで止める。
割り箸をしっかり押さえるように貼り付けること。
カンカン編み5.jpg
⑤完成
カンカン編み4.jpg
これを使って編むんですよ~exclamation
編み物ことはじめ3ですわーい(嬉しい顔)