そろそろ急がないと
花火がみんな終わっちゃう~あせあせ(飛び散る汗) と焦っているmamです揺れるハート
今日は、着崩れを防ぐ方法について書きます。
浴衣が着崩れるのは、ずばり、人が動くからです。
で、歩き方と座り方をちょこっと気をつけると
だいぶ着崩れなくなります。
<着崩れを防ぐ方法>
①歩き方
浴衣を着るとき、左側を上にして着ますよね。
見ごろを右側からと左側から合わせるので、
身体の前部分は二重になります。その上側を上前(うわまえ)
下部分を下前(したまえ)と言います。
この上前が、歩くときにどうしてもバサバサとひるがえってしまうのです。
バサバサと歩いていると、そのうち裾のほうが広がってきてしまい
着崩れを起こします。
なので、歩くときは、右手で上前をさりげなく押さえると良いのです。
押さえる位置は、右足の太ももあたり。
腕をだらんと下げ、手のひらを太ももに当てると
ちょうど親指が上前に掛かります。そしたら、人差し指と中指を
上前の裏側に入れ、3本指で上前をそっとつまみ
バサバサしない程度の歩幅で歩きましょう。
② 座り方
浴衣って、そのまま着たら絶対に長い丈のものを、
腰の辺りに折り込み(おはしょり)を入れて
ぴったりの丈に調節して着付けますよね。
しかも、伸び縮みする生地じゃないのに
着るときは気をつけの姿勢で着るでしょ?
だから、身体を曲げると、お尻がぴくんと飛び出るのにあわせて、
おはしょりにうまくしまいこんでいた布が出て来てしまうんです。
一旦でてしまった折込は戻らない・・・
で、そうすると、立ち上がったときに、
お尻の形がぴくんと飛び出たままになってしまい、
そこからだんだん着崩れてゆきます。
だから、お尻ぴくんが出ないように座るんです。
左右の太ももあたりの生地を、指でちょっとつまんで、
浴衣全体を少し引っ張り上げるんです。
そうすると、お尻周りの生地に少しゆるみができます。
で、お尻分くらいのゆるみを確保してから座れば、
生地がぴくんとでてしまうこともありません。
ただ座るだけでこんな技が必要なのですから、
ヤンキー座りなんて、とんでもありませんexclamation×2
   
ぐちゃぐちゃになっちゃいますよ~もうやだ〜(悲しい顔)
浴衣のときはやめてねわーい(嬉しい顔)