あなたは、いくらがお好きですか?るんるん
毎年10月頃になると、
魚介類に力を入れているスーパーに
生筋子が並びます。

筋子

鮭のお腹から取り出したそのままの、大きな大きなヤツがー(長音記号1)
なんてつやつやできれいなオレンジ色ぴかぴか(新しい)をしているんでしょうハートたち(複数ハート)
これが一粒ずつバラけたものを「いくら」って言いますね。
いくらは普通、醤油や塩味が付いて売られているけど、
塩辛いものが多いし、すごく高価。
それに、中にはまがい物(人工的に作ったいくら)もあるようですね。ふらふら
この時期に出回る生筋子は、正真正銘の生。
つまり、味が付いていないし加工もしていないんです。
で、これをいくらに加工して味付けすると
すごくぷりぷりで美味しいのexclamation×2
北海道で食べたいくらにも負けないくらいです。
そのくせすごく格安なんですよ手(チョキ)
なんと、普通のいくらの半値以下exclamation
そんなわけで、いくらの大好きなmamの家族は
この時期になると、生筋子から加工したいくらをガッツリ食べて、
一年分の食いだめをします。わーい(嬉しい顔)
加工法はそんなに難しくないのですが、
写真カメラを沢山添付したいので、またシリーズでお届けします。
いくら大好きな方は必見ですよひらめき
結婚前のお嬢さまへ。
この加工法を習得してからお嫁に行ったら、
あなたはきっと褒められるに違いありません!
(嫁ぎ先の方々が、いくら好きだったらの話ですけどね・・・)
ごめんなさい今日は前振りだけです。 あせあせ(飛び散る汗)
つづきはこちらをご覧くださいねわーい(嬉しい顔)