以前アップした「生筋子をいくらに変換の術」に対し
ゆかちゃんから「うちのパパはラケットを使ってるょ」という
コメントをいただきました。

mamは、いくら加工工場で網を使って筋子の皮を取り除いているのを
見たことがあった(テレビ番組です)ので、
簡単にできそうなことは知っていたのですが、実際にはやったことがありません。

で、筋子の皮を取るのには
お湯で処理するのと網で取るのとどっちが簡単かな~と思って、
これまでやったことのない「ラケット法」を試してみることにしました手(チョキ)

まず、コメントをくれたゆかちゃんからの情報を元に、
ガットの太さ、網目の大きさ、面の大きさがちょうどいい
バトミントンラケットを購入。(二本セットで400円弱でしたわーい(嬉しい顔)

早速、生筋子をラケットにのっけて、
押し付けながらくるくると細かく円を書くようにすると…

あれあれ?
いくらがぽろぽろ落ちてゆく~るんるん

で、完成はこんな感じ。

血がたくさんついているから、やっぱりすすぎは必要でした。
すすぎ方は 生筋子をいくらに変換の術3を参照してくださいねわーい(嬉しい顔)

それから、これもゆかちゃんからですが、
しょうゆのみでの味付けもおいしいと聞いたので
しょうゆでちょっとすすいで、あらためてしょうゆのみで味をつけました。わーい(嬉しい顔)

一晩後・・・
美味しかったのだけど、しょっぱいのが苦手なmamには、
やっぱり少し「だし系の味」が欲しかったので、
みりんとお酒をちょっと追加しましたるんるん

で、ラケットを使った感想は・・・
お湯の量が少なくて済むので
大量生産する方には、とっても効率が良いと思います。

生筋子の血管から血液がでてくるのが少しグロテスクなので、
生ものをさばくのが苦手な方はちょっとつらいかも。

というわけで、どっちもそれぞれのよさがありましたわーい(嬉しい顔)

他にもやり方は沢山あると思いますので、とにかく、やってみてくださいね。
初めてのときは難しそうに見えるけど、すごくおもしろいですから。

それに、とにかくおいしいんですからexclamation

北海道のいくら丼とおんなじくらいおいしいって思っていたら、
パッケージのバーコード近くに「北海道産 生筋子」って印字とこんなシールが目

な~んだ、北海道のいくらだったのか(笑)

いなげやさん、いつもおいしいいくらをどうもありがとうございます揺れるハート