黒豆1.jpg
お正月にはつきものの黒豆。
自分で煮ても上手に出来なかったので敬遠しておりました。
ですが、どうしても作ってみたくて、久しぶりに挑戦exclamation
奮発して、ちょっと高い黒豆を買ったのですが、
その豆についていたレシピは、今までの「豆」の煮方とは違っていました。
折角の高級豆、失敗なんかしたくない・・・
レシピどおりに作ってみたら、
とってもとっても美味しく上手に出来上がりました揺れるハート
とっても簡単だったので、作り方をみなさんにもお伝えしようと思います。
< 材料 >
黒豆   200g(スーパーで売っている一袋分)
水    800cc
砂糖   200g
しょう油 小さじ1と1/2
塩    小さじ1/2
重曹   小さじ1
落し蓋  鍋の直径ぴったりがいいです。
     もし無ければクッキングシートで代用してください。
黒豆8.jpg
     鍋の直径サイズに切って、それを3つ折りくらいにして
     ところどころはさみで切込みを入れるといいですよ。
黒豆7.jpg
< 作り方のコツ >
 ・豆は煮汁でゆっくり戻すこと
 ・煮汁がぐらぐらと沸騰しないようにすること
 ・気長にゆっくり加熱すること
 ・豆が空気に触れないようにすること
 
 ※ 仕込にも時間がかかります。
 
 もしも週末がお休みなら、
   
   金曜の夜、寝る前に仕込んで
   土曜の朝から煮て、そのまま味を馴染ませ
   日曜に食べる
 ってのが一番おすすめです。
< 作り方 >
① 鍋に水・砂糖・しょう油・塩・重曹を入れて火にかけ、煮汁を作る。
② 菜箸などでなべ底の砂糖を混ぜながら溶かす。
③ 沸騰したら火を止める。
④ 黒豆をさっと洗って、③の煮汁に入れる。
黒豆2.jpg
黒豆3.jpg
⑤ 落し蓋をのせる。
⑥ 煮汁の温度を上げるために、再度火をつける。
  煮汁が沸騰したら(しゅわしゅわと細かい泡が鍋の内側につく)
  すぐに止める。 
⑦ そのまま蓋をして6時間以上置く。
  (もし鍋カバーなどがあれば掛けて置くと保温力が高まってよりGOOD!)
  このまま一晩くらい置いておくと、ぷっくりふんわりとした豆になる。
  ※一般的に、乾燥豆は水に浸してから煮て、後から味をつけますが
   黒豆は味の付いた温かい煮汁に浸す方が上手に作れるそうです。
⑧ ふきこぼれやすいので、蓋を取って火にかけ、沸騰したらとろ火にする。
黒豆4.jpg
⑨ 煮汁がぐらぐらしないように注意する。
  煮汁が少なくなって豆が空気に触れるようなら水を足し、5時間くらい煮る。
  途中でアクが浮いてきたらおたまですくい取る。
黒豆5.jpg
 
⑩ 豆が好みの柔らかさになったら火から降ろし、そのまま冷ます。
⑪ 冷蔵庫で保存する際も、煮汁から豆がでないように、
たっぷりの煮汁ごと保存する。
ほら見て~揺れるハート 美味しそうでしょ~ぴかぴか(新しい)
しわが無くてプリプリだし、皮も破れないんですよるんるん
黒豆6.jpg
  日増しに味が馴染んで、美味しいお豆になります。
  この作り方なら、スーパーで普通に売っている黒豆でも
  美味しく上手に煮られます。
  (豆を選ばなくても大丈夫ってことです手(チョキ)
  ぜひお試しくださいねわーい(嬉しい顔)