春から夏にかけて、
暑くなって来たなと思う頃に見かけるものの一つ。

初めて「さや入りのそらまめ」を剥いてみたとき
それはそれは感動いたしました。
なんて美しいのでしょうハートたち(複数ハート)
お豆の表面がこんなにすべらかだったなんて…

なんてゴージャスなのでしょうぴかぴか(新しい)
こんなにふかふかのベッドに横たわっていたなんて…

本当に自然の神秘を感じました。
「そらまめ」の名前の由来は、
空に向かって伸びることからついたそうです。
近所の畑で見つけましたよ。

ほらね
確かに、空に向かってグッド(上向き矢印)伸びているでしょ。
四季折々のおいしい食材。
見方を変えればとても素敵なものが見えるかもしれません。
そんな、「自然美」を味わえることも
日本に生まれ育った幸せの一つだと思います。