きた~exclamation×2
きましたよ~exclamation×2
9月~10月にかけての
ほんの短い間の秋の味覚のひとつ
ぴかぴか(新しい)いくらぴかぴか(新しい)
いくら

いよいよシーズンインです黒ハート
海のない地域に住んでいらっしゃる
いくらのお好きな方に、ぜひぜひお試しいただきたいっexclamation×2
北海道のいくら丼ぴかぴか(新しい)と同じくらい
クオリティの高いいくら丼ぴかぴか(新しい)の作り方です。
新鮮 ・ 美味しい ・ 美しい いくらを
格安で手に入れ
好きなだけてんこ盛することができるるんるん
いいでしょ~わーい(嬉しい顔)
スーパーでパック売りしているいくらしか知らなかった私は
北海道でいくら丼を食べたとき、カルチャーショックを受けましたがく〜(落胆した顔)
ほんとにほんとに美味しかったし、お値段もすごく安かった揺れるハート
あるとき、叔母が塩鮭のお腹に入っていた生筋子をいくらにして
持ってきてくれました。
その美味しさに家族みんなで大喜び揺れるハート
当時は生筋子自体見たことがなかったので
びっくりしました。
そのうち、流通が進化して、北海道産の生筋子もスーパーに並ぶようになって
今では 季節になれば必ず並ぶ常連さんになっています。
覚えておいてほんとに良かったって思う
叔母から母へ そして私へと伝わった おふくろの技ですわーい(嬉しい顔)
海のない地域では普段は手に入らないけれど、
9~10月だけ、鮮魚コーナーに力を入れているスーパーには
鮭の腹から取り出した生筋子を売っています。
一腹 1300~1900円くらいです。
それを買ってきて、自宅でいくらを取り出して味付けして食べるんです。
ビックリするくらいたくさんのいくらが取れます。
私が知っている生筋子の皮をとる方法は2種類。
詳細は、下の 1、2 をクリックしてみてくださいね。
ちなみに私は 1 が得意です手(チョキ)
道具もいらないし、血も出ないし、作りやすいと思います。
あ・・・あせあせ(飛び散る汗)
ちょっと、事前情報。
生筋子って、鮭の卵の塊です。
いくらが薄い袋状のものの中にくっついています。
お母さんのお腹の中で育った子どもたちですから
袋には栄養を送るための血管などもくっついています。
脂肪分も沢山あります。
そんな訳で、魚をさばいたり生の肉を触るのが苦手な方にとっては
生筋子の取り扱いはヘビーかも・・・ふらふら
いくらが大好きだから頑張る!って方は
よろしかったらお試しくださいねるんるん
1 お湯の中とる方法
2 ラケットの網を使ってとる方法
いくら丼

さ~ 
おいしいいくらちゃんが待ってますよ~ わーい(嬉しい顔)