筍のあくのとり方(ゆがき方)、いかがでしたか?
米ぬかの他に、唐辛子を入れる方法もありますが
mamの実家では、いつも米ぬかだけで処理していたので
この方法で大丈夫ですよ手(チョキ)
さて、この美しい筍を使って美味しいものぴかぴか(新しい)を作ってみましょう。
オーソドックスなのは、「若竹煮(わかたけに)」

筍

これは、わかめと筍を炊き合わせる煮物ですが
「わかめ」の「わか」と 「若い竹」の「わか」をかけて
「わかたけ」と名づけられているお料理だそうです。
それから、筍ごはん。

筍

いろんな作り方があるけど、mamはいつも「若竹煮」を作って
その一部を少しとりわけ、濃い目に味付けし直して
熱々ご飯に混ぜる方法で作ります。
今回は、「若竹煮」の作り方をご紹介しますね。
料亭バージョンじゃなくって
mam流の「田舎料理の若竹煮」ですわーい(嬉しい顔)
< 材料 >

  •  ゆがいた筍 … 500gくらい
             (掌にのるくらいの小さめのもの2コ)
  •  だし汁 … 筍がひたひたにつかるくらい
           ※mam流のすごく簡単だけど荒っぽい
            だしのとり方をお知らせしますね。
  •  わかめ … お好みで
           (戻した状態で軽く一掴みくらい)
  •  みりん … 大さじ1
  •  砂糖 … 小さじ1
  •  しょうゆ …大さじ1
  •  塩 … 小さじ1/2

< 作り方 >

  1. 筍を適当な大きさに切って鍋に入れる。
  2.  

  3. 筍がひたひたにつかるくらい水を入れて強火にかける。
  4. 煮立ったところで、弱火にし、
     かつお節をかるく一掴み、鍋の隅っこに入れる。
  5. 3分くらい煮出したら、菜箸でかつお節をつまみ
     ちょっと絞って取り出す。
     ※もちろん、ちゃんと「だし」が取れる人は、ちゃんと取ってね。
      面倒な人はこの方法で十分美味しいです。
      この方法でも面倒な人は、市販の顆粒だしなどでも大丈夫ですよ手(チョキ)
  6. みりん、砂糖、塩、しょうゆ の順に調味料を入れ10分くらい煮る。
     ※調味料は大きさ(分子量)が違います。
      甘い系のものは大きくて 塩系のものは小さいので
      塩を先に入れてしまうと、あとから甘い味が付きにくい。
      だから、甘い系から入れてください。
  7. わかめを戻す。
     塩漬けの生わかめは、塩をよく洗い流して、水につけて塩を抜き
     水をよく絞って食べやすい大きさに切っておく。
     乾燥わかめは、水に浸して戻してからよく絞って水を切る。
  8. 煮汁の味を見る。
     甘さが足りない場合 … 砂糖を小さじ1/2加え、
                    2分後くらいに、また味見をする。
                 
     塩辛さが足りない場合.. 塩を小さじ1/2加え
                    2分後くらいに、また味見をする。
                 ※ しょうゆが濃いと、
                  折角の筍の色が台無しふらふらですよ。
     美味しくなるまで、この手順を繰り返す。
     
    ※ 煮汁の味見について
       煮汁の味は、調味料を加えてすぐと少し経ってからではだいぶ違います。
       調味料が溶けて煮汁に馴染むのに1~2分。
       調味料が筍などの具材に染み込むと同時に、
       具材からのエキスが出てきて
       全体の味が組み立てられるのに10~30分。
       だから、分量の調味料を入れて10分くらい経ったら
       また味を見るといいです。
       思っていたより薄味になっている場合が多いので、
       ここで味を調えれば、だいたい思い通りの味になります。
  9. ⑦わかめを鍋の一角に入れ、さっと火を通して火を止める。
     ※わかめはこのまま煮汁につけておくと
      溶けてどろどろになってしまいます。
      一度に食べきらない場合は、わかめだけ別の器に取り出して置き
      筍とともに盛り付けてから温めると良いです。

今まで煮たことの無かった方、今年はトライしてみませんか?