やっと秋らしく涼しくなってきましたね。
そろそろ 「おでん」 の出番かなぁ^^

おでんと言えば、名脇役なのが 「こんにゃく」

三角形のもあるけど、こんな風に縄みたいな形のこんにゃく、見たことあるでしょ?
これは、「手綱(たづな)こんにゃく」って名前の飾り切り。
実はとっても簡単にできるんですよ。
お煮しめにも使える「手綱こんにゃく」。ぜひチャレンジしてみてね♪

まず、普通の長方形のこんにゃくを買ってきて、端から7mm厚くらいにスライスします。

両端を1cmずつくらい残して真ん中に切り込みを入れます。
切ったところをちょっと開いてみると、こんな風になります。
(たらこ唇みたい ^^;)

片方の端をこの切り込みに入れて・・・

そっとひっぱると・・・

ハイっ! できあがり~

こんにゃくには、「あく抜き不要」とそうでないものがあります。「あく抜き不要」の表示のないものは、この形にしてから湯がく(沸騰したお湯に入れて3~5分くらい煮る)といいです。

※注意事項
こんにゃくの厚みと真ん中の切れ込みの大きさによっては、せっかく捻ったものが元に戻ってしまったり、切れ込みが裂けて捻れなくなってしまったりします。
ほんと、主婦になり始めの頃は、沢山失敗しました^^;

上手に作るコツは、やっぱり何度か試してみること。
なんでも漢字練習と一緒。
何度かチャレンジするとそのうち上手になってきますから、ぜひチャレンジしてみてくださいね^^

当ブログ一番人気記事の「人参の飾り切り」といっしょに使うと、さらにぐ~んと株が上がると思いますよ^^