今年の5月頃にポチっと押した小さなスイッチ「植物を育てるプロジェクト」

けし粒みたいにちいちゃ~い種から、こんなに立派な花が咲きました。

花

私はお花を活けるのは得意ですが、草花を育てるのは苦手でした。
絶対失敗しないからと勧められて育てていたサボテンや観賞植物も枯らしてしまう…

だから、敬遠していたのですが、姉から花の種を貰ったので、種を蒔いてみることに。

種を蒔いて1週間くらいで芽が出るはずなのに、ちっともその気配がなく、がっかりだったけれど水だけはあげていました。
すると10日目くらいにポチっとものすご~く小さい芽が出ているのを発見!

花

それから毎日一つずつ、ポチっ ポチっと芽が出始め・・・

花

双葉が四葉になり・・・

どんどん大きくなって

こんなにキレイな花を咲かせるようになりました。

この花は開花して3日くらいは咲いています。次から次に蕾が出来て大きくなり、2ヶ月あまりずっととぎれることなく花を咲かせてくれています。花の色は一輪ごとに違っていて、ショッキングピンク、赤、紫、薄ピンク・・・ 先日は花びらが白くて、中が赤いのも咲きました。この花の遺伝子情報はどんなことになっているのかなぁ??

直径が0.5mmくらいしかない、ゴマより小さい種だったのに、植物ってなんてスゴイ力を秘めているのでしょう。ほんとに不思議です。

苦手だと思っていた植物を育てることで、貴重な幾つかのことを学びました。

  • 蒔いた種全部から発芽するわけではないこと
  • 期待しているよりも発芽までには時間が掛かる場合があること
  • 発芽した場所が近すぎたら、ちょっと離して植え替えればちゃんと根付くこと
  • 水をちゃんとあげるだけで、自然の力で成長すること

などなどです。

これらはみな、私が毎日している仕事にも直結する話です。
自己啓発本を読んでもうまく出来ないことが多くてそのことで滅入ってしまう私には、自然の法則に習うというやり方の方が合っているかもしれない…

  • やっていること全てが思い通りに成功するわけではない
  • コツコツと自分の思うたくさんのことをやり続けていれば、そこから少しずつ成功の芽が出るはずだ
  • 表現の仕方を替えれば、きっと耳を傾けてくれる人たちがいる
  • あれこれ人にちょっかいを出さずに、やるべきことをやることが肝心だ

私が押した小さなスイッチ「植物を育てるプロジェクト」で、私にとってものすご~く大切なことを学ぶことができました。これからは、滅入ったときは自然に耳を傾け、観察をしよう。

それが、自然の中で育った私にぴったりのやり方なんだと思います。

この歳になっても、学びばかりの毎日です^^; でも、これが私なので、一生付き合っていかないと…
だからどうせなら、楽しく学び続けられる方法を探しながら学んでゆこうと思います。
無理せず、人と比べっこせず、自分に合った方法で。
そしたらきっと、おばあちゃんになる頃には、なりたい自分になっていられると思うから^^

私は忘れっぽいので、こんな大事な学びも忘れてしまうことがあるかもしれないから、これからは大事なことはこのブログに記録をしておこうと思っています。