もろみ酢を飲んで毎日元気なmamですわーい(嬉しい顔)
今日は、数日前に予告していた
クエン酸がどうしてからだにいいの?

についてのお話です。
体内では食品から栄養素を、呼気から酸素を吸収し、
それらを使って代謝を行っています。
代謝とは栄養素が体内で化学変化を受けることを意味しますが、
分かりやすく言うと、発熱したり細胞を作り変えたり成長させたりするってことです。
3大熱量素といわれる炭水化物・たんぱく質・脂肪は、消化により
細かく分解されて、ブドウ糖・アミノ酸・脂肪酸・グリセリンとなって吸収され、
各組織に運ばれてそれぞれの細胞内で代謝されてゆきます。
化学変化に必要な熱を作り出したり、不足している栄養素を作り出して補ったりと
物質のいろいろなやり取りが行われるのです。

クエン酸は主に有酸素運動時のエネルギー消費を行うための、
一連の化学変化に用いられています。
これがクエン酸回路(TCA回路)といわれるものです。
一定の物質が反応を連鎖的に繰り返し、代謝のサイクルを形成しているので、
代謝が一巡したらまた同じ経路をたどって、くるくると動き続けています。
クエン酸回路は、糖を代謝する回路といわれることが多いのですが、
実際にはこの回路でアミノ酸・脂肪酸・グリセリンも代謝されています。

有酸素運動のための代謝回路ですから、普通に生活しているときにも、
クエン酸回路は活動していることになります。なので、クエン酸を
積極的に摂取すると代謝回路の動きが良くなると言う意味で、
クエン酸ブームが起こったのだと思います。

特にもろみ酢には、クエン酸のほかアミノ酸も沢山入っているので
より効果的なんでしょうね。
実際にもろみ酢を飲んでみると、なんとなく元気でいられるような気がします。
mamの体は、必要な栄養素を欲することがあるんです。
ピーマンだったり、鮭だったり、れんこんだったりといろいろですけど、
なんだかすごく食べたくなるときがあるんですよね。
それって、そのとき体に必要なものを補給してくれっていう
細胞からのサインなのだそうですよ。
で、最近はもろみ酢が飲みたくなるので、mamのからだに必要なものが
入ってるのかも・・・

チョコレートや甘いものが欲しくなるってのとはまた違うと
思うんですけどね・・・

ちょっと横道にそれましたが、
そんなわけで、クエン酸はからだにいいみたいです。
確かにそうですけど、代謝はサイクルですからね。代謝回路を
スムーズに行う最も効果的な方法は、必要な栄養素をまんべんなく
取り入れると言うことにつきると思いますよ。

ちなみに、息を止めて一気に行うような瞬発力系の運動時には
糖の代謝はコリの回路というクエン酸回路とは少し違った回路によって
行われます。コリの回路の特徴は乳酸が作られるということ。
運動をすると筋肉に乳酸がたまると言われるのは、このような理由からです。

おわかりいただけましたか?
mamからの知っておくと便利な豆知識でした。モバQ