9ヶ月になる息子が、わりと強い卵白アレルギーだったことがわかりました。
小麦にも少し反応が出ています。
卵が食べられないとなると・・・
市販品の多くのものが「だめ」ふらふらってことになります。
卵の姿や味は影も形もないのに、入ってるんですよね卵白って。
卵ってほんと便利な性質を持ってますから。
ふわっとさせたり、接着材の役目をしたり、つやを出したりね。
小麦を気にしたら、ベビーフードの多くもだめです。
おふくろ塾を立ち上げたのだし、
昔の人がしていたように、食べるものは自分で作りなさいって
神様にいわれている気がします。あせあせ(飛び散る汗)
そんな訳で、おふくろ塾の食育分野に、
食物アレルギー対策料理なんてのも入れていこうかな~と考えています。
mamだって、毎日全部手作りしてるわけじゃないです。
市販品はたくさん使います。
それらが使えないなんて・・・がく〜(落胆した顔)
と、アレルギーが分かってから数日はブルーだったのですが、
かなり元気を取り戻してきました。
「アレルゲン除去食」なんて、むずかしい怖そうな言葉を
使わなけりゃいいんです。
要は、卵を使わなけりゃいいってだけのことじゃありませんかexclamation
で、dadがいいことを思いつきましたひらめき
「飲み屋のつまみ系料理なら、いいんじゃん?」
・・・・確かに、そうかもしれませんるんるん
mamは料理のレパートリーが少ないので、
これから「つまみ系」の料理をちょっと勉強しようと思います。
手軽においしくできるものを見つけたら、お知らせしますね揺れるハート